水道水を使ったウォーターサーバーはコスト削減に持って来い!デメリットはないの?


ボトル式ウォーターサーバーは、使うほどに経費がかかる上に、発注や交換に不満を抱える声も見られます。

 

では、水道水を使った水道直結型ウォーターサーバーには、デメリットはないのでしょうか? 気になる料金・設置・トラブルの3つの視点からお伝えします。

 

月額サーバー代以外で料金はかからない?

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーは、月額のサーバー代以外にかかる費用は、水道代とウォーターサーバーを動かすための電気代だけです。

 

代金を口座引落にする場合は、これらの料金に加えてわずか数百円がかかります。

 

ボトル交換式のように、ボトルの水が無くなるたびに料金が発生することはありません。水道の蛇口をひねる感覚で、ウォーターサーバーからの新鮮な水を楽しめます。

 

従量課金制はコストがかかりすぎる

従来のボトル交換式ウォーターサーバーは、いわゆる従量課金制です。使えば使うほど発注が必要で、飲んだ分だけの費用を支払わなければなりません。

 

しかし、水道直結型ウォーターサーバーは、サーバーにかかる費用が固定されています。

 

飲んだお水の量に関係のない定額制で、各月によって大幅な経費の変動はありません。

 

水道直結型は社員数が増えても安心

水道直結型ウォーターサーバーでは、飲んだ分だけ水道代がかかります。

 

しかし、ボトル式ウォーターサーバーに比べると、かなりのコストカットが期待できます。飲むお水の量が多ければ多いほど、定額制である水道直結型の方が、コスト削減率が高まります。

 

この先、従業員数が増える可能性のある法人ほど、水道直結型ウォーターサーバーを選択するメリットが大きいと言えるでしょう。

 

近くに水道がなくても設置できる?

ボトルレスウォーターサーバーは、近くに水道がなくても設置できます。

 

賃貸住宅やオフィスでも、水道管にパイプを直結するだけの作業で取り付けが可能です。

 

どんな場所でも設置可能、引っ越しもOK

万が一、水道管が離れた場所にあったとしても、壁や天井に延長パイプを伝わせ、設置場所まで綺麗につなぐことができます。パイプがかなり長くなってしまう場合は、「サブタンク方式」と呼ばれる連結方法を使用します。

 

離れたところに水道があるオフィスでも問題なく設置できるというのは嬉しいポイントです。工事が必要な場合でも、設置費用は定額でコストがかさむ心配はありません。また、オフィスの引っ越しをする際は、今の場所からの撤去工事と新しいオフィスへの再設置工事が可能となっています。

 

水圧低下の心配も無用

水道管を分岐することで、蛇口から出る水の水圧が下がってしまうことはありません。

 

ウォーターサーバーも水道も、これまで通り安心して利用できます。サーバーの利用率が高まるランチタイムでも、ランチボックスやマグカップを洗うといった作業に支障はありません。

 

水漏れトラブルはない?

水道水を使ったウォーターサーバーの設置は、専門スタッフが行います。水漏れトラブルが起きないよう、細心の注意が払われるので安心できます。

 

しかし、どんな機械であっても「絶対にトラブルがない」と言い切ることはできません。

 

破損によるトラブルが起きた際は、カスタマーサポートセンターに対応を依頼することになります。水漏れが起きた際は、すみやかに止水栓を閉めて待機してください。

 

おわりに

今回は、水道水を使った水道直結型ウォーターサーバーが、コスト削減に適している理由をお伝えしました。

 

ボトル式ウォーターサーバーは、交換の手間や維持管理のために想像以上の手間がかかります。

 

その点、水道直結型ウォーターサーバーには、企業で導入するにあたってのデメリットがほとんど見当たりません。従業員の満足度向上のために、水道直結型ウォーターサーバーに切り替えてみてはいかがでしょうか。

 

ウォーターサーバーおすすめランキング

 

1位 COOL QOO(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

 

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

 

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

 

2位 ピュアウェーブ


初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

 

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

 

3位 楽水(らくみず)


初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

 

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

 

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。