【ボトル式vs水道直結型(ボトルレス)】ウォーターサーバーにかかる月額のコストを徹底比較


ウォーターサーバーにはボトル式と水道直結型の2種類があります。

 

会社に設置する場合は、たくさん飲んでもボトルを買い足す必要がない水道直結型のサーバーの方がおすすめです。

 

それぞれのウォーターサーバーで、ひと月にいくらかかるのかをご紹介します。ウォーターサーバーを導入する際や、レンタル先を変える際の参考にしてみてください。

 

通常のボトル式ウォーターサーバーにかかるコスト

ボトル式ウォーターサーバーを導入した場合、月々にかかるのはボトル(水)代・送料・電気代・ウォーターサーバーのレンタル代です。

 

これに加えて、メンテナンスをした場合はその料金もかかります。ボトル式の場合、ボトル1本(12L)の値段は1,200~2,000円になります。

 

自宅に設置して、月に1人1本飲むとすると、2人暮らしなら月額2,400~4,000円、4人暮らしなら4,800~8,000円です。会社に設置する場合も、水を飲む方が多いほど料金は高くなります。

 

送料は無料であることが多いですが、「2本から無料」というように、本数によっては料金がかかる場合があります。同様に、レンタル代も企業によって有料の場合と無料の場合があります。かかる場合は1,000円ほどです。また、冷却したり温めたりするため、電気代が月あたり350~1,000円かかります。

 

飲む量が少ない場合は料金が安く済みますが、たくさん飲む場合はボトル代や送料がどんどん加算されていくため、注意が必要です。

 

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーにかかるコスト

一方、水道直結型ウォーターサーバーにかかるのは、月額と電気代のみです。ただ、ボトル式と同じく、メンテナンス代がかかることもあります。また、工事が必要なため、初期工事費用として18,000円ほどかかります。

 

なお、キャンペーンなどを利用すれば、工事費用を抑えられることもありますから、比較および検討してみてください。中には、工事費用が無料になるキャンペーンが実施されているところもあります。

 

水道直結型のウォーターサーバーの場合、料金は定額制です。月々にかかる金額は、3,000~5,000円で、決められた金額以上になることはありません。ボトル4本ほどの値段で、何杯でも水を飲むことができるのが水道直結型ウォーターサーバーのメリットです。

 

水道直結型の場合、電気代は800~1,000円かかります。大人数で使う場合に適しているのが水道直結型です。

 

飲む量・人数が多ければ多いほど水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーがオススメ

ボトル式ウォーターサーバーの場合、飲めば飲むほど料金が高くなってしまいます。

 

しかし、水道直結型ならどんなに水を飲んでも料金は一定です。飲む量や人数が多いほど水道直結型の方がお得になります。会社に設置するなら、できるだけ水道直結型ウォーターサーバーを選びましょう。

 

3人以上の方がいる家庭なら、基本的に水道直結型の方が料金を安く抑えられます。

 

反対に、1人暮らしや2人暮らしの家に置くといったような場合は、月額制のウォーターサーバーを置くと損してしまうかもしれません。あまり水を飲まない場合や、飲料以外に全く使わない場合は定額制の方が高くついてしまうことがあります。

 

水をたくさん消費する場合は水道直結型のウォーターサーバーを、人数が少なくて消費量が少ない場合はボトル式のウォーターサーバーを選ぶことをおすすめします。

 

おわりに

使う人数が多いほど、水道直結型のウォーターサーバーが適しています。

 

たくさん飲んだとしても、月額制のため料金を心配する必要がありません。会社に設置するなら、水道直結型を選んでみてはいかがでしょうか。

 

また、現在ボトル式のウォーターサーバーを使っている方も、水道直結型に切り替えれば費用を抑えられるかもしれません。

 

現在はボトル式の方がメジャーなウォーターサーバーですが、最近では水道直結型を導入する企業も増えてきています。コスト削減のためにも、ぜひ利用を検討してみてください。

 

ウォーターサーバーおすすめランキング

 

1位 COOL QOO(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

 

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

 

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

 

2位 ピュアウェーブ


初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

 

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

 

3位 楽水(らくみず)


初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

 

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

 

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。